ホーム > サービス紹介 > 食材・調理加工品の検査
PDFファイルの閲覧
FLASHファイルの閲覧
食材・調理加工品の検査
食材などの検査
安全で衛生的な食品を提供するために給食施設、工場、厨房などで使用する食材、調理された加工品、委託製造され、または店頭販売される商品の細菌検査を行い、食品の指導企画基準に照らした適否を判定します。また、食品衛生法によって指定されているマニュアルに基づいた信頼性の高い検査を行っています。
食品の指導規格検査
食品汚染菌の耐熱性検査
食肉の抗菌性物質検査
食品製造工程・製品の衛生検査
食品製造業者に代わり、クレーム商品や不良商品発生の原因追及のために、食品製造工程における危害要因のチェックを実施し、細菌、食材、汚染経路等を特定します。さらに、再発を防止するため重要管理点について確認し、工程の改善提案を含む指導を実施します。また、企業イメージを大きく損なう異物混入に対しても、検査・改善指導を行っています。
原材料の細菌検査
食品の製造工程別の微生物検査
完成品の細菌検査
食品の保存検査
クレーム製品の検査
異物検査
食品生産段階の衛生検査
第一次生産者が手厚く育てた生産物が安全で衛生的であるために、家畜、家禽、野菜などの生産に必要な飼料、肥料、あるいは家畜や家禽の病原細菌の保有状況をチェックします。
家畜、家禽などの保菌検査
食品の指導規格検査
食品汚染菌の耐熱性検査
食肉の抗菌性物質検査
また、貝毒・細菌性毒素などといった毒素検査も行っています。
貝毒:下痢性毒素試験・麻痺性毒素試験
細菌性毒素:エンテロトキシン
一般生菌数 耐熱菌数 大腸菌群 大腸菌 黄色ブドウ球菌 サルモネラ属菌 腸炎ビブリオ カンピロバクター ウエルシュ菌 セレウス菌 病原大腸菌 腸管出血性大腸菌 エルシニア バンコマイシン耐性腸球菌(VRE) メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) 真菌(カビ・酵母) 抗菌性物質の定性試験