ホーム > サービス紹介 > 食品取扱者の衛生管理
PDFファイルの閲覧
FLASHファイルの閲覧
食品取扱者の衛生管理 (保菌検査等)
食品の調理加工に従事する方の保菌検査
私たちの体は常に自然界に生息している病原微生物による進入の危険にさらされています。安全で衛生的な食品提供の第一歩は、健康な身体で食品を取り扱い、調理・加工に従事することです。迅速・正確な細菌検査システムによって食品従事者の保菌検査を実施します。保菌者が発見された場合には、衛生管理指導を併せて実施します。
糞便からの病原細菌の検査
病原細菌の毒素などの検査
保菌者の衛生管理指導
食品の調理加工に従事する方の保菌検査
近年は「ノロウイルス」を原因とするトラブルが多く発生しています。 中部衛生検査センターでは、ノロウィルス検査・予防指導体制の充実を図っています。
食品従事者の手指、鼻前庭などの検査
食品従事者の手指は、常に清潔で衛生的に保持されていることが重要です。手指などに付着している大腸菌や黄色ブドウ球菌の有無を調べ、食品の安全をサポートします。また、保菌者への衛生管理指導を実施します。
手指・鼻前庭からの黄色ブドウ球菌などの検査
抗菌性物質・耐熱菌の検査
保菌者の衛生管理指導
サルモネラ属菌(腸チフス、パラチフスA菌を含む) 赤痢菌 コレラ菌 病原大腸菌 腸管出血性大腸菌 カンピロバクター 黄色ブドウ球菌 MRSA バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)